相続放棄 手続き

  • 相続でトラブルになりやすい問題を弁護士に相談・依頼するメリット

    当事者間で解決できない場合には、代理人として弁護士に依頼し、示談や調停、訴訟等の手続きをし、家庭裁判所の判断をもって問題の解決を図ることをお勧めします。 ■弁護士に相談するメリット●適切な主張をすることができる相続トラブルについて専門家である弁護士に依頼することで、事件の内容や性質を考慮して、確実な法律知識をもと...

  • 相続財産に借金がある場合~相続放棄と限定承認の違い~

    このような場合には、「相続放棄」または「限定承認」という手段を採ることが考えられます。 ■相続放棄とは?「相続放棄」とは、被相続人(亡くなられた方)の遺産や借金を相続する権利を放棄することをいい、被相続人の借金や負債が遺産の金額を上回る場合などに行われます。相続放棄を行った人は最初から相続人ではなかったものとして...

  • 相続放棄の期限や手続きの流れ

    相続放棄とは?「相続放棄」とは、被相続人(亡くなられた方)の遺産や借金を相続する権利を放棄することをいい、被相続人の借金や負債が遺産の金額を上回る場合などに行われます。相続放棄を行った人は最初から相続人ではなかったものとして扱われ、それ以外の相続人により財産が分配されることになります。もっとも、相続放棄には期限...

  • 相続財産の調査方法と費用について

    相続財産の調査は、相続手続きを進める上で必要不可欠といえます。例えば、相続放棄や限定承認をするか否かの決定、遺産分割協議、相続税の申告をするためには、何が相続財産として存在しているのかが確定していなければなりません。もっとも、相続財産の調査は簡単ではなく、専門家に依頼する場合は費用もかかります。以下では、相続財産...

  • 相続手続きの流れ

    ■一般的な相続手続きの流れ相続は、被相続人の死亡の時点から発生します。以下では、死亡届の提出からすべての相続手続きが完了するまでの一般的な相続の流れを、大まかに説明します。 ①死亡届の提出②年金、保険等の相続手続き④相続人の確定⑤相続放棄・限定承認⑥相続財産の調査・財産目録の作成⑧(遺言書がない場合は)相続人全員...

  • 保釈請求とは~保釈の条件と流れ~

    保釈にあたっては、弁護士に請求の手続きを依頼した方がよいでしょう。これは、保釈の手続において、罪証隠滅のおそれがないことを主張したり、被害者との示談を成立させたりするなど、弁護士を通じて行わなければ困難な手続きが含まれているためです。また裁判所との交渉により認められる可能性が高くなることからも、刑事事件に強い弁護...

  • 逮捕されたらどうなる?逮捕の種類と釈放までの流れ

    この場合には保釈という手続きにより釈放されることがあります。保釈は、保釈保証金を支払うことにより一時的に釈放されることをいいます。保釈は重大犯罪では認められていないことや、保釈保証金は逃亡等しなければ返ってくるお金ではありますが、非常に高額になることもあります。 刑事事件において逮捕された場合にはいち早く弁護士に...

  • 成年後見制度とは

    ■成年後見制度を利用する際に必要となる手続き一般的には、成年後見の申立手続きと、成年後見人就任後に必要な手続きにおいて、以下の作業が必要となります。 ・申立書作成・申立事情説明書作成・親族関係図作成・財産目録作成・収支報告書作成・後見人等候補者事情説明書作成・戸籍取得・住民票取得 これらの書類をすべて一般の方が収...

  • 遺言書の種類と作成方法

    上記の要件を満たしたうえで、家庭裁判所に遺言書を提出し、検認手続きを経る必要があります。 自筆証書遺言には、改ざんや隠匿の危険があり、また、全て手書きで作成するという点で負担が大きい等のデメリットがあります。しかし、近年、このような2つのデメリットに対応する法整備が行われ、①自筆証書遺言を公証役場で保管する仕組み...

  • 遺産分割協議書の作成と必要性

    遺産分割協議書は、必ずしも作成しなければいけないわけではありませんが、作成しなかった場合に、後々大きな紛争に発展してしまったり、そもそも作成しなければ相続手続きを行うことができない場合があります。まず、遺言書が存在していない場合は、遺産分割協議によって遺産の分配について相続人間で話し合わなければいけません。そして...

Lawyer弁護士紹介

河野 哲(こおの さとる)

福井弁護士会(登録番号50544)河野 哲(こおの さとる)

官公庁及び上場企業での勤務経験があり、企業勤務時に使命感を抱き弁護士を志した異色の弁護士です。既成概念にとらわれない柔軟な発想と「弁護士はサービス業」というご依頼者様目線の業務を心掛けています。

経歴

  • 京都大学水産学科、京都大学ロースクール卒。
  • リクルート、京都市役所、日本輸送機(現三菱ロジスネクスト)などでの勤務を経て、2014年弁護士登録。
  • 奈良県の法律事務所、福井県のさいわい法律事務所を経て、二の宮法律事務所設立。

Office事務所概要

事務所名 二の宮法律事務所
代表弁護士 河野 哲(こおの さとる)
所在地 〒910-0015 福井県福井市二の宮2-28-21セントラルヴィレッジ2階
電話番号/FAX番号 0776-65-3370/0776-65-2969
営業時間 9:00~17:00 ※事前予約で時間外対応可能
定休日 土・日・祝 ※事前予約で休日対応可能
初回相談料 30分無料
アクセス

サン二の宮通りダイソー様東側交差点南東角。

1階にフィットネスクラブPOWER LINK様があるビルの2階です。(駐車場あり)

事務所外観